厨房機器の出張買取サービス・中古販売は大阪 厨BOX佐野へ

飲食店を始めるのに必要な資格と取得方法

  • HOME »
  • 飲食店を始めるのに必要な資格と取得方法

飲食店を開業するには様々な準備を必要とし、資格を取得しないと営業許可がおりないこともあります。
ここでは飲食店を始める際に必要な資格と取得方法について、いくつかご紹介いたします。

最低限必要な資格について

最低限必要な資格について

飲食店を開業する際に最低限必要な資格は、食品衛生責任者と防火管理者の2つです。

「食品衛生責任者」はお店の食品衛生上の管理を行う責任者で、飲食店に必ず1人置くことが義務付けられています。
自治体で実施している講習会を受講することで、食品衛生責任者の資格取得ができます。店舗完成の10日ほど前までに保健所へ届出を行います。

「防火管理者」は店舗の収容人員が30人以上の場合に選任しなければなりません。防火管理者とは文字通り、防火に必要な点検・管理を行う責任者です。延床面積が300平米以上だと甲種防火管理者、延床面積が300平米未満であれば乙種防火管理者の選任を行います。

消防署などが実施している講習会を受講することで、防火管理者になることができます。届出先は消防署となっており、営業開始日までに届出を行います。

あると便利な資格について

あると便利な資格について

飲食店の開業で誤解されがちなのが「調理師免許」です。
調理師免許がなくても飲食店を始めることはできます。
しかし、持っているとお店の信頼に繋がり、食品衛生責任者の資格を自動的に取得できるメリットがあります。

また居酒屋やダイニングバーなどお酒を提供する飲食店では、「酒類販売免許」は必要ありません。

ただし、地酒やビールなどのアルコールを店頭販売するのであれば、酒類販売免許は必要です。

飲食店を始めるのは簡単ですが、不動産の確保や厨房機器や設備を揃えるのは、コストもかかり大変です。大阪にある厨BOX SANOは中古厨房機器の買取や販売を行っています。

関西地区限定でプレハブ冷蔵庫プレハブ冷凍庫を格安価格で販売しています。
プレハブ冷蔵庫・プレハブ冷凍庫の送料や取付は無料で行い、メーカー1年保証も付いています。
厨BOX SANOのプレハブ冷蔵庫は届いた日から使用できるため、人気があります。飲食店を始める際には、ぜひご活用ください。

お問い合わせ:10:00~18:45 (日曜定休) TEL 0120-97-5404 service@chuboxsano.com

PAGETOP
Copyright © 厨BOX SANO All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.